ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

ミノキシジルの発毛効果とは?副作用と注意点についても解説!

発毛効果がある成分といわれていても、AGA(男性ホルモン型脱毛症)には期待外れと感じたことのある方もいることでしょう。

 

そんなAGA(男性ホルモン型脱毛症)に、高い発毛効果を発揮するといわれている成分がミノキシンジルです。

 

しかし、なかにはミノキシジルの発毛効果だけでなく、使用の際の副作用が気になりますよね。

 

本記事では、そんなミノキシジルをテーマに解説しています。発毛効果や副作用、注意点なども紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

AGAにおすすめ!ミノキシジルの発毛効果とは?

 

それでは、ミノキシジルとは何なのか、詳しくみていきましょう。

 

 

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、医薬品として日本で唯一発毛させる事が出来る成分です。

 

AGA(男性ホルモン型脱毛症)でも発毛を促すといわれている成分のミノキシジルですが、最初から発毛目的で使用されていた成分ではありません。

 

ミノキシジルは、もともと血管拡張効果で注目されていました。

 

血管拡張効果とは、血管が狭くなっている箇所を広げることですが、血管が狭いことで高血圧になりやすくなってしまいます。

 

そのため、血管拡張効果があるミノキシジルは、本来は高血圧症患者向けの血圧降下剤として活用されてきました。

ミノキシジルはアップジョン社(現Johnson & Johnson社)が開発し、高血圧症治療の内服薬の成分として1979年からアメリカで使用され始めましたが、治療中の患者に多毛が認められたことから、あらためて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として承認されました
引用:ミノキシジルとは

 

ただし、ミノキシジルの内服薬(ミノキシジルタブレット)は日本では未承認で、日本で販売されているのは発毛剤としても外用薬に限られています。

 

それでは、ミノキシジルがなぜ発毛剤などに使用されるようになったのでしょうか。

 

それは、血圧降下剤の臨床実験をしていた際に、副作用として多毛症の症例が多数あったことがきっかけです。その後、発毛剤や薄毛治療に転用されました。

 

 

ミノキシジルの発毛効果と副作用は?

もともと血圧降下剤で活用されていたミノキシジルに発毛効果がある理由は、血管拡張効果が関係しています。

 

薄毛や脱毛は、頭皮にしっかり栄養が届かないことでも起こりますが、血管拡張効果によって狭くなっていた血管が拡張されることで、栄養素が届きやすくなるでしょう。

 

その結果、発毛や育毛が促進されるという仕組みです。

 

今回は、ミノキシジルの発毛効果に対する副作用ということで情報をまとめていますので、血管拡張が副作用にあたります。

 

そのため、高血圧でない方がミノキシンジルを使用すると、血圧が下がり過ぎてしまうことがあり、下記のような症状を引き起こす可能性があるため注意しましょう。

 

  • めまい
  • 頭痛
  • 動悸
  • 肝臓へのダメージ
  • 男性機能の低下
  • 多毛

 

また、塗布した場所に痒感や発疹、皮膚炎、紅斑などの副作用が出る症例も多数報告されています。

 

基本的には、市販されている外用薬のミノキシンジル配合の商品は、濃度2%~5%の低濃度が主流です。

 

以前は私はミノキシジルタブレの10mgを個人代行から買っていましたが、アルコール類を一切飲まないのに肝臓の数値がアルコール依存症患者と同じぐらいになり、それからミノキシジルの内服薬は飲んでいません。

 

全身の毛が太くなったりもしました。

 

後から知ったのですが、10mgが命が危険になるレベルのもので、2.5mgでもかなり多いと言われております。

 

その甲斐あってか、髪の毛はかなり生えました。

 

 

 

ミノキシジルと他薬品を併用する際の注意点は?選び方とおすすめ商品を紹介!

 

次に、ミノキシジル取扱い時の注意点について、みていきましょう。

 

 

ミノキシジル取扱い時の注意点とは?

市販のミノキシンジル商品は、副作用が感じられるほど高濃度のミノキシジルが配合されているわけではありません。

 

しかし、副作用には個人差があるため、注意する必要があります。

 

特に、高い発毛効果を感じたいために、複数の育毛剤や発毛剤を併用している方は注意しましょう。

 

プロペシアやザガーロのように、ミノキシンジルとは別の方法でアプローチして発毛を促進させる薬品との併用は可能です。

 

しかし、同じアプローチ方法で発毛を促進させる薬品は副作用も共通していることも多いため、併用することで副作用が出る可能性が高まります。

 

 

おすすめのミノキシジル配合商品と選び方!

ここでは、おすすめのミノキシジル配合商品について紹介しています。

 

 

ミノキシンジル配合のパイオニア!発毛剤リアップ

1999年に男性用発毛剤(第1類医薬品)として承認された、ミノキシンジル配合の発毛剤のパイオニアといえば、発毛剤リアップ。配合されているミノキシンジルは1%です。容器の先端を、頭皮の気になる部分周辺にしっかり押し当て、数回トントンと塗布を繰り返して使用します。

⇒発毛剤リアップを購入したい方はこちら

 

 

蓄積皮脂を取り除いて発毛効果アップ!リアップスカルプシャンプー

リアップスカルプシャンプーは、余分な皮脂が蓄積した頭皮をディープクレンジング成分で取り除き、頭皮にリアップをより浸透させることができます。ミノキシンジルは配合されていませんが、9種のアミノ酸、4種のビタミン、海藻エキス、生姜エキスが配合されているため、発毛に最適な頭皮環境へと整えることができます。リアップを使用するなら、併用をおすすめします。

⇒リアップスカルプシャンプーを購入したい方はこちら

 

 

国産の高濃度リジンサプリメント!プレミアムリジン

プレミアムリジンは、高濃度のリジンが配合されたサプリメント。国産のサプリなので、安心して使用することができます。リジンはミノキシンジルと同じく、AGAを含む薄毛、抜け毛、脱毛に効果があるといわれています。ミノキシンジルとの併用も可能なため、リアップとプレミアムリジンを併用することで、より発毛効果を高めることができるでしょう。

⇒プレミアムリジンを購入したい方はこちら

 

 

 

さいごに|ミノキシジルを活用して発毛効果を実感しよう!

 

ミノキシジルは、高い発毛効果が期待できる成分です。薄毛に悩んでいる方は、ぜひミノキシジル商品を活用して発毛効果を実感してください。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • ミノキシジルは、AGA(男性ホルモン型脱毛症)の治療に効果的
  • ミノキシジルは、もともと血管拡張効果で注目されていたが多毛の副作用があった
  • 副作用として「めまい」「頭痛」「動悸」が挙げられる
  • 副作用には個人差があるため注意が必要
  • 悩みにマッチしたミノキシジル商品を活用しよう

 

ミノキシジルが含まれている商品には、さまざまな種類が存在します。そのため、他の商品と併用する際は、副作用をしっかりと理解して使用しましょう。

 

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる