ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

産毛による発毛効果の見極め方は?太くする方法も解説!

発毛対策によって、産毛が生えてきたら嬉しいですよね。

 

これまでやってきた発毛対策の効果を実感しながら、薄毛や抜け毛が予防できると期待するでしょう。しかし、実は産毛の状態によっては、素直に喜べないケースもあります。

 

本記事では、発毛対策の1つとして産毛をテーマに解説しています。どのような状態が正常な発毛といえるのか、さらに産毛を太く成長させるための方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

産毛によって発毛効果を見極める方法とは?

産毛によって発毛効果を見極める方法とは?

 

実は、産毛が生える箇所によって、発毛効果の期待度が異なります。ここでは、次の3つのケースに沿って解説します。

 

  • 生えていなかった箇所
  • 生え際が後退している
  • 産毛が太くならない

 

結論から申し上げますと、発毛に効果が期待できるケースは生えていなかった箇所に産毛が生えた場合です。それでは、詳しくみていきましょう。

 

 

生えていなかった部分に産毛があれば発毛の可能性大

本来毛髪が生える箇所にも関わらず、薄毛で悩んでいる方もいることでしょう。

 

もし、生えていなかった部分に産毛があれは、発毛の可能性が高いです。これまで行なってきた発毛対策の効果によって、新しい毛髪が生え始めていると考えてよいでしょう。

 

頭皮の毛穴の奥底にある毛髪の元となる毛母細胞が、行なってきた発毛対策の効果で回復してきたこともあり、しっかり栄養を届ければ産毛を太く成長させることもできます。

 

 

生え際が後退していれば薄毛の可能性大

産毛が生えている箇所が髪の生え際で、しかも産毛で額が後退し、額が広い場合は薄毛の可能性があります。

 

せっかく発毛対策をしているにも関わらず、生え際が後退していれば、ほとんど効果が得られてないということに繋がります。そのため、発毛対策の方法を再度検討しましょう。

 

男性の代表的な薄毛ともいえるAGA(男性型脱毛症)の場合、徐々に生え際の毛髪が産毛のようになっていき、生え際が後退してしまいます。

 

そのため、生え際に産毛があればAGAの可能性が高いため、まずはAGAの薄毛治療を専門とするクリニックを受診しましょう。

 

 

産毛が太くならない場合は脱毛の可能性大

産毛が生えたことに喜びを感じている間も束の間、なかなか太く成長しないというケースもみられます。また、せっかく産毛が生えてきたのに、すぐ抜けてしまうこともあるでしょう。

 

そもそも産毛が太く成長しない場合は、脱毛する可能性が高いです。

 

もともと産毛は、毛乳頭が細く毛自体も細いため、そのまま成長しなければ抜け落ちやすいという特徴を持っています。そのため、産毛をできる限り抜け落ちないようにして、太く成長させることが重要です。

 

 

 

発毛に効果があった方必見!太く成長させる方法とは?

発毛に効果があった方必見!太く成長させる方法とは?

 

毛髪は、次の3つのサイクルを繰り返しています。

 

  1. 成長期(2年~6年)
  2. 退行期(2週間)
  3. 休止期(3ヶ月~4ヶ月)

 

成長期でしっかりと育毛しなければ、退行期を迎えて脱毛してしまいます。もともと産毛は抜け落ちやすい毛ですから、成長期の間に太くさせておくことが大切です。

 

 

育毛剤を活用する

産毛が生えた部分を太く成長させるために、有効な手段といえば育毛剤です。

 

毛髪が生えていない状態にアプローチする発毛剤に対して、すでに生えている毛髪にアプローチするのが育毛剤です。常に使用し続けることが重要ですが、成長期に合わせて使用することで大きな効力を発揮します。

 

発毛剤によって産毛が生えてきたら、育毛剤に切り替えて太く育てるとよいでしょう。

 

 

有酸素運動を心掛ける

産毛をしっかりとした太い毛髪に育てるには、栄養が必要です。

 

食生活に気を配っていても、ある程度の育毛効果はみられますが、有酸素運動を併用することでより高い効果が得られます。

 

有酸素運動によって血行を促進し、頭皮の毛乳頭に毛細血管を通じて栄養を送る必要がありますが、そもそも血行が悪いと毛細血管の先まで栄養が届きません。

 

効率的に有酸素運動を実践して血行をよくすることで、産毛を太く成長させるきっかけにも繋がるでしょう。

 

 

睡眠や食生活など規則正しい生活習慣を意識する

毛髪の成長やホルモンの分泌量が増えるタイミングは寝ているときです。

 

産毛を太く成長させたいなら、規則正しい生活を心掛けて、毎日適度な睡眠をとるようにしましょう。

 

また、毛髪の主成分であるケラチンは、アミノ酸によって作られているタンパク質です。

 

ケラチンを合成するアミノ酸のなかには、食事からでないと得ることができない必須アミノ酸も存在するため、摂取すべき栄養素について理解しておく必要があります。

 

しかし、アミノ酸を多く含んだ食品であっても、脂肪分も多い食品は脱毛を引き起こしやすくしてしまうため、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

 

 

 

さいごに|発毛した産毛を太く成長させたいならAGA対策も効果的!

さいごに|発毛した産毛を太く成長させたいならAGA対策も効果的!

 

生え際に産毛が生えてくるようならAGAの可能性が高いです。そのため、なるべく早くAGA対策をしましょう。しかし、発毛した産毛を太く成長させる場合もAGA対策は効果的です。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 生えていなかった部分に産毛があれば発毛の可能性
  • 生え際が後退していれば薄毛の可能性
  • 産毛が太くならない場合は脱毛の可能性
  • 毛髪のサイクルは「成長期→退行期→休止期→成長期」
  • 産毛を太く成長させるためには育毛剤が有効
  • 運動や睡眠・食生活にも気を配る
  • 産毛を太く成長させたいならAGA対策も効果的

 

AGA対策によってヘアサイクルが正常になるため、成長期に効果的に産毛を太くすることができます。本記事が、発毛対策による産毛について、詳しく知りたい方の参考になれば幸いです。

 

 

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる