ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

初期脱毛とは?対策と原因の仕組みについて解説!

発毛治療を始めた際に、初期脱毛が気になった方もいることでしょう。

 

発毛治療をしているのに逆に髪が抜けたら心配になるのは当然ですが、実は初期脱毛は治療効果が出たサインです。とはいえ、やはり心配ですよね。

 

本記事では、発毛治療における初期脱毛について、詳しく解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

初期脱毛とは?

 

初期脱毛とは、育毛・発毛対策をしていく中で、初期の段階に抜け毛が増える事を指します。

 

後ほど詳しくご説明しますが、初期脱毛は悪い事ではなく、良い事なので実は抜け毛が増えたからといって焦る必要はありません。

 

今まさにエンジンがかかっている最中なのです。

 

初期脱毛は、薄毛治療を開始した初期の段階で抜け毛が増えてしまう症状です。 薄毛治療を受けたことのある多くの患者さんが経験している症状でもあります。
引用:【医師監修】初期脱毛はなぜ起きる?AGA治療との関係は?

 

 

初期脱毛に心配な方必見!その原因と対策について解説!

初期脱毛に心配な方必見!その原因と発毛対策について解説!

 

まずは、初期脱毛の原因について、詳しくみていきましょう。

 

 

初期脱毛の原因とは?

発毛治療での初期脱毛は、治療薬の副作用ということではありません。

 

むしろ、初期脱毛は発毛治療の効果が出ているサインです。発毛治療の初期で脱毛することについては、発毛のメカニズムが関係しています。

 

発毛治療薬によって、短縮されていたヘアサイクルが正常な状態に戻る際、ヘアサイクルはリセットされます。

 

つまり、発毛治療を開始した時期がヘアサイクルの成長期だった場合、リセットされたことで退行期・休止期となるため、脱毛してしまうというメカニズムです。

 

ヘアサイクルがリセットされたことで、今までよりも薄毛になりますが、新しく生えてきた髪は正常な成長期で成長するため、徐々に薄毛が改善されるでしょう。

 

ちなみに、ミノキシジルの発毛治療薬で初期脱毛がみられる理由も、ヘアサイクルがリセットされたためです。

 

 

初期脱毛の対策や対処法は?

正直、初期脱毛について対策をする必要がありません

 

何故なら、冒頭でも軽く書きましたが、現在進行形で対策が成功しているからです。

 

成功している対策に対策は必要ありませんよね?

 

薄毛対策をする程の方であったら、頭にコンプレックスがあると思います。

 

その為、抜け毛の量が常に気になる衝動にかられると思いますが「何故、髪の毛を生やすつもりが抜けているのか!」と憤りを覚えるかもしれません。

 

そして、抜け毛が怖くてそこで薄毛治療をやめてしまう方も何割かいますが、そこでやめてしまったら元も子もありません。

 

初期脱毛があると対策前から覚えておけば、ある程度こ心構えが出来るでしょう。

 

 

さいごに|発毛したい方へ!初期脱毛は怖くない!

さいごに|発毛したい方へ!初期脱毛は怖くない!

 

薄毛の程度にもよりますが、発毛治療で一時的に初期脱毛しても、見た目では分からないことも珍しくありません。

 

しかし、初期脱毛で想定外に髪が抜けてしまった場合は、心配ですよね。

 

発毛治療における初期脱毛は、程度に個人差はありますが回避することはできません。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 初期脱毛は、薄毛治療が効いている証拠
  • 初期脱毛に対策はいらない
  • 初期脱毛は、治療薬の副作用ではない
  • ヘアサイクルがリセットされたことで脱毛してしまうというメカニズム
  • 発毛治療において初期脱毛は珍しくない

 

初期脱毛が続く場合、ヘアサイクルのリセットとは別の理由で起きている可能性もあるため、AGA治療を専門とするクリニックに相談してみましょう。

 

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる