ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

ヘイフリックの限界とは?細胞老化で脱毛する理由と発毛対策を解説!

私たちの体は、細胞分裂を行いながら生命活動を維持しています。

 

細胞が古くなったり傷ついたりしたときに、分裂をして常に新しい細胞を生み出すために健康でいることができるのです。

 

これは髪の毛も同じ。髪の毛は、毛母細胞が分裂を行うことで、伸びたり新しく生えてきたりしています。

 

しかし、こうした細胞分裂にも寿命があることが解明されているのです。この細胞分裂の寿命の法則は、当時の研究者「レオナルド・ヘイフリック」の名にちなみ「ヘイフリックの限界」と呼ばれています。

 

本記事では、ヘイフリックの限界が発毛に与える影響や限界の前の対策について解説しています。

 

それでは、気になる情報について、詳しくみていきましょう。

 

ヘイフリックの限界とは?発毛との関係を詳しく解説!

ヘイフリックの限界とは?発毛との関係を詳しく解説!

 

細胞分裂の寿命である「ヘイフリックの限界」。これは具体的にどのような状態で、発毛とどのように関係しているのか、詳しく解説していきます。

 

 

ヘイフリックの限界とは?

東京薬科大学の研究によると、胎児から取得した細胞が分裂を行う回数の限界は、約50回といわれています。

 

1961年米ウイスター研究所のL・ヘイフリック博士は、若い人の体から細胞を採ってきて、シャーレの中で培養してみました。すると、細胞は50〜60回分裂するともうそれ以上分裂しなくなりました。さらに、40歳とか80歳の人から細胞を採ってきて培養すると、細胞の分裂する回数が年齢の分だけ少なくなるということを発見しました。
引用:老化が起こるしくみ その1

 

限界まで分裂を行った細胞は「老化細胞」と呼ばれ、分裂を行うことが不可能。このような状態を「ヘイフリックの限界」と呼びます

 

老化細胞のメカニズムは、細胞の染色体の末端にある「テロメア」と呼ばれる構造がカギ。

 

テロメアは細胞分裂を行うたびに長さが短くなります。そして、ある程度の短さになると、分裂がストップするということがわかっているのです。

 

テロメアを短くする要因としては、主に下記の3つが挙げられます。

 

  • 年齢を重ねる
  • 活性酸素による細胞の酸化
  • 日常のストレス

 

つまり、限界が加速してしまう原因は単純な老化以外にも存在するのです。

 

 

ヘイフリックの限界が発毛に及ぼす作用とは?

ヘイフリックの限界は、とくにAGA(男性型脱毛症)に影響が大きいといわれています。

 

その理由は、AGAは髪の毛が抜けてしまう症状であること。成長期→退行期→休止期が繰り返し行われるヘアサイクルは、通常1周回るのに男性で2〜5年、女性で3~5年かかるといわれています。

 

しかし、AGAの症状により抜けやすくなってしまった髪の毛は、このヘアサイクルが短くなってしまうのです。

 

 

その結果、分裂回数が増えるため限界を迎えるスピードが加速。そして、限界を迎えた毛母細胞はもう分裂することができないため、発毛することが不可能になってしまうのです。

 

AGAだけでも髪の毛が細く抜けやすくなってしまう大きな悩み。そのうえそのAGAのせいで、もう髪の毛が生えてこなくなるかもしれないと考えると、一刻も早く改善したいですよね。

 

次に対策方法を紹介していきます。

 

 

 

ヘイフリックの限界を迎えたら発毛は不可能!しかし対策はある!

ヘイフリックの限界を迎えたら発毛は不可能!しかし対策はある!

 

毛母細胞が分裂を行えなくなってしまうと発毛することはもう不可能。しかし、その期間を伸ばすための対策方法はあります。

 

それでは早速、みていきましょう。

 

 

毛母細胞の老化を防いで発毛するにはAGA治療が重要

ヘイフリックの限界は、AGAにより早く到達してしまいます。

 

単純計算ですが、以下の表を見てみましょう。

 

ヘアサイクルの年数 2年 1年 半年
細胞分裂の回数 40回
ヘイフリックの限界までの年数 80年 40年 20年

通常のヘアサイクルと、AGAでヘアサイクルが乱れた状態の違いは一目瞭然ですね。

 

もちろん、さまざまな要因で限界が起こるため完全に上記の表のとおりになることはないですが、できる限り通常のヘアサイクルが続くことが重要です。

 

つまり、毛母細胞が分裂を続けられるようにするためには、AGAを早期発見・早期治療することがもっとも大切。これは早ければ早いほど効果が見込まれます。

 

さらに、もちろんAGA治療を行えば現状の脱毛症状を改善することも可能です。

 

不安がある方はぜひ、お早めに発毛サロン等で受診してみましょう。

 

 

ストレスを緩和して発毛への影響を抑える

ヘイフリックの限界のカギになるテロメアは、ストレスを感じることで短くなるスピードが早くなるといわれています。

 

つまり、発毛が見込めなくなることを防ぐためには、日常的なストレスを緩和することが重要。さらに活性酸素による酸化も、精神的ストレスにより促進されてしまうともいわれています。

 

活性酸素には抗酸化作用のある食品も効果あり。抗酸化作用の高い食品の例は、ピーナッツやオリーブオイル、ブロッコリーなどです。

 

毛母細胞の寿命を守るためにも、ストレスを減らすこと、そして抗酸化作用のある食品などの摂取を積極的に行うようにしていきましょう。

 

 

 

さいごに|発毛のためにヘイフリックの限界を意識しよう!

さいごに|発毛のためにヘイフリックの限界を意識しよう!

 

今回は、発毛とヘイフリックの限界の関係性について解説してきました。

 

毛母細胞がヘイフリックの限界を迎えてしまうと、今後発毛することは不可能です。

 

しかし、AGAの早期治療や、日頃のストレスを緩和することで限界を迎えるスピードを抑えることは可能。長期的に健康な髪の毛を手に入れるために、ヘイフリックの限界を意識して対策していきましょう。

 

 

「ゼウス発毛」のTOPへ戻る

 

「ゼウス発毛」の施術動画

 

 

店名 ゼウス発毛
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル(ヘッドミント内)
電話番号 052-755-0955
営業時間 11時~23時
定休日 年中無休
メニュー

初回発毛体験 500円

メニュー一覧

症例

施術の流れ

 
The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる