ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

【発毛対策】自毛植毛とは?メリットや副作用について解説!

発毛対策に効果があるといわれている自毛植毛について、どのようなメリットや副作用が生じるのか知りたい方もいることでしょう。

 

自毛植毛の特徴をポジティブorネガティブに捉えるかは人それぞれ。副作用についても個人差があるため、一概にはいえません。そのため今回は、一般的に多く現れる症状について述べています。

 

本記事では、そんな自毛植毛について解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

自毛植毛は発毛対策に効果的?その理由とは?

自毛植毛は発毛対策に効果的?その理由とは?

 

自毛植毛は、本当に発毛対策に効果をもたらしくれるものなのでしょうか。また、もし効果があれば理由は何なのか知りたいですよね。

 

ここでは、自毛植毛が与える効果について解説しています。

 

 

自毛植毛とは?

自毛植毛とは、自分の髪を「頭皮ごと」薄くなった部分に移植して、薄毛を解消する方法

 

植毛に必要となる髪は、後頭部若しくは側頭部で採取します。

 

なぜこの部分から採取するのかというと、理由は単純。ただ単に、後頭部や側頭部は薄くなりにくいからです。

 

つまり「毛が薄くなりにくい=毛が十分にある」ということで、これらの部分の髪を毛根ごと採取するというわけです。

 

その後は、いくつかに株分けし、植毛する部分の頭皮に穴をあけ、さきほど株分けした毛を植え込んで定着させます。

 

株分けとは、大きく成長した宿根草の株をいくつかに分ける作業のことで、目的は2つあります。 一つは植物を増やすこと。 もう一つの目的は、株の更新。 株分けをすると一株が小さくなり、間がすいて再び生育がよくなります。
引用:株分けとは? 植物を増やして元気にする栽培テクニック

 

最近では「植毛=自毛植毛」と定着していますが、自毛植毛は1800年代ごろには世界で考案されていたと言われています。それほど昔からある技術が今では大発展を遂げ、気軽に植毛できる時代となったわけですね。

 

まさに髪で悩んでいる人にとっては救世主とも呼ばれるかもしれません。

 

 

自毛植毛が発毛対策に与える効果とは?

自毛植毛は、自分の髪を移植するということで安心感もありますし、きちんと定着させれば髪を切ったとしてもまた生えてきます

 

これこそが自毛植毛の最大の特徴。またAGA(男性型脱毛症)を根本的に解消できる可能性も秘めているため、髪のボリュームが気になるという人にもおすすめの治療法といえます。

 

 

 

発毛対策として自毛植毛をするメリットと副作用について解説!

発毛対策として自毛植毛をするメリットと副作用について解説!

 

自毛植毛による発毛対策を行うことで、さまざまなメリットが生じるということが分かりました。ここでは、メリットや副作用などについて解説していきます。

 

 

自毛植毛のメリットは?

自毛植毛のメリットには、下記のようなものが挙げられます。

 

  • 失われた髪を取り戻すことができる
  • 自分の髪を使うことで安心感がある
  • 植毛していることが周りから見ても分かりにくい
  • 拒絶反応が起きにくい

 

もともと毛が生えていない部分や薄くなった部分に対して発毛を促すことが植毛の大きな役目です。

 

そのため、きちんと定着さえさせれば、自分の毛根そのものを移植していると同じことですので失われた髪が自然に復活します。

 

また、仕上がりもナチュラルで植毛しているということが分かりにくく、何より自分の髪を使っているということで安心感も得られるでしょう。

 

さらに、心配な拒絶反応が起きにくいというのもおすすめする大きなポイント。心配事を極力減らせれば不安も解消されます。

 

 

自毛植毛のデメリットは?

ここでは、自毛植毛のデメリットについて解説します。自毛植毛のデメリットには、下記のようなものが挙げられます。

 

  • 髪が伸びるのに時間がかかる
  • 費用がかかる
  • 利用できる株数が限られる

 

自毛植毛の場合、残念ながら移植してから1ヶ月ほど経過すると植毛した毛が一旦抜け落ちます(初期脱毛)。

コラム:初期脱毛が起きる原因とは?対策と発毛の仕組みについて解説!

 

初めて経験する際は驚くかもしれませんが、これは自毛植毛では起こり得ることですので心配はいりません。一旦抜け落ちてしまえば5~6ヶ月ほどで伸び始めます。

 

しかし、半年以上経たなければ伸び始めないため、早く何とかしたいと望んでいる人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

 

そもそも、自毛植毛では利用できる株数は限られており、自分が思っているよりできる範囲が狭く、逆に、本数が多ければ多いほど費用も高くなることが最大のデメリットです。

 

 

自毛植毛の副作用と注意点!

自毛植毛は自分の毛が植毛できるからといって、絶対に副作用が生じないとは言い切れません。利用する薬剤によって吐き気がしたり、かゆみや瞼の腫れが生じたりします

 

しかし、これらの症状は日が経つにつれ徐々に回復へ向かうため、それほど重く受け止める必要はありません。

 

もし心配であれば受診して抗生物質のクリームや内服薬を処方してもらいましょう。

 

植毛の副作用で最も避けたいのが感染症。植毛を行った場合、頭皮を清潔に保っていなければ感染症を引き起こすリスクがあります。そうならないためにも、できるだけ頭皮を清潔に保ってください。

 

 

 

さいごに|自毛植毛で発毛対策しよう!

さいごに|自毛植毛で発毛対策しよう!

 

今回は、自毛植毛のメリットや副作用について紹介しました。自毛植毛は、自分の髪をそのまま利用することができるため気持ち的にも安心して行うことができる発毛対策の1つ。

 

費用が高いといったデメリットは生じますが、自分の髪が戻るのであれば試してみる価値はあります。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 自毛植毛とは、自分の髪を「頭皮ごと」薄くなった部分に移植して、薄毛を解消する方法
  • 自毛植毛は、きちんと定着させれば髪を切ったとしてもまた生えてくる
  • 自毛植毛のメリットは「失われた髪を取り戻すことができる」「安心感がある」「周りから見ても分かりにくい」「拒絶反応が起きにくい」
  • 自毛植毛のデメリットは「髪が伸びるのに時間がかかる」「費用がかかる」「株数が限られる」
  • 副作用は、吐き気やかゆみ瞼の腫れなど

 

ぜひ、自毛植毛で自信の持てる髪を手に入れてみてください。

 

 

愛知県名古屋市の発毛育毛なら格安サロンのゼウス発毛のTOPへ戻る

 

 

店名 ゼウス発毛
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル(ヘッドミント内)
電話番号 052-755-0955
営業時間 11時~23時(最終受付は22時)
定休日 年中無休
メニュー

初回発毛体験 500円

育毛コース 98,000円以下 (3か月/6回/ホームケア付き)

発毛コース 198,000円以下(3か月/7回/ホームケア付き)

症例

施術の流れ

 

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる