ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

毛母細胞とは?発毛の仕組みや構造・役割などについて解説!

薄毛や抜け毛に悩んでいると「毛母細胞」という言葉をよく耳にすることでしょう。毛母細胞は発毛に対して大変重要な役割を果たしています。また、毛母細胞の働きが完全に停止してしまうと、新しい髪は作られないともいわれています。

 

本記事では、発毛における毛母細胞の役割について解説しています。その仕組みや構造についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

毛母細胞とは?構造と役割について解説!

毛母細胞とは?構造と役割について解説!

 

毛母細胞とは、髪の毛だけに限らず全身の体毛を作り出すために必要な細胞のこと。1つの毛穴に1つの毛母細胞とは限らず、2~3本の体毛が生えることもあります。

 

そして、毛母細胞を正常に働かせるためには周辺の構造も大きく影響します。毛母細胞周辺の構造と役割について事前に確認することで、薄毛や抜け毛のメカニズムをイメージすることができるでしょう。

 

そもそも、毛母細胞とは何なのでしょうか?まずはその構造について解説します。

 

 

毛母細胞の構造とは?

髪の毛は、毛幹と毛根に分かれます。毛幹は地肌から見えている部分、毛根は地肌からは見えない部分を指します。

 

そして、毛母細胞は毛根の中にある毛球に存在。毛球には毛母細胞以外にも髪の毛に色を付けるメラノサイトや毛母細胞の働きにも欠かせない毛乳頭細胞が含まれます。

 

そして、毛母細胞がこの毛乳頭細胞を包み込むようにして毛球が作られています。

 

髪の毛が生えて抜け落ちるまでには成長期、退行期、休止期というヘアサイクルがありますが、退行期に入ると毛母細胞は毛乳頭細胞から離れ、休止期を迎える流れとなります。

 

つまり、この毛母細胞と毛乳頭細胞との距離が、薄毛や抜け毛に大きく影響するといっても過言ではありません。

 

 

毛母細胞の役割とは?

髪の毛の主成分は特殊たんぱく質と呼ばれるケラチンですが、このケラチンは毛球内の毛母細胞から細胞分裂する際に作られます。

コラム:【毛髪の主成分】ケラチンとは?発毛を促進するおすすめ食事法を紹介!

 

そのため、髪の毛は全体的に伸びるのではなく毛母細胞が時間をかけて細胞分裂し、少しずつ押し出されながら成長。これを「角化」と呼びますが、角化した髪の毛は細胞としては死滅しています。

 

 

表皮における、基底細胞が有棘細胞、顆粒細胞、角層細胞と変わっていく過程のこと.ケラチノサイト(表皮角化細胞)が基底層において細胞分裂し、一つは基底層にとどまり、もう一つは有棘(ゆうきょく)層*、顆粒層を経て角層に至り、最終的には垢(あか)となってはがれ落ちる一連の過程をさしていう
引用:角化 [keratinization]

 

そもそも、毛母細胞の役割は、下記の2つ。

 

  • メラニン色素によって髪色を整える
  • 髪の毛の健康を維持する

 

枝毛のように髪の毛に対して何らかのダメージがある場合、その部分は細胞分裂されないため修復することができません。

 

また、毛母細胞はメラノサイトからメラニン色素を受けとり髪の毛に色を付ける役割も持っています。そもそも、白髪になる原因は、このメラニン色素を毛母細胞が受け取らなくなることも影響します。

 

このように毛母細胞は健康的な髪の毛を作り出す重要な細胞であるため、毛母細胞の働きが乱れた場合には薄毛や抜け毛が起きる原因となります。そのため、毛母細胞の働きを安定させることが発毛には必要不可欠だといえるでしょう。

 

 

 

毛母細胞と発毛との関係性は?その仕組みについて解説!

毛母細胞と発毛との関係性は?その仕組みについて解説!

 

毛母細胞と発毛には親密な関係性があります。そもそも、毛母細胞が正常に働かなければ新しい髪の毛は作られません。

 

薄毛や抜け毛に悩んでいる場合、毛母細胞を活性化させれば解決すると思われがちですが、毛母細胞の働きには毛乳頭細胞が大きく影響します。

 

ます、毛乳頭細胞は、毛母細胞が細胞分裂の際に必要な栄養を毛細血管から取り込んでから毛母細胞へ送ります。そして、毛母細胞が細胞分裂する際に必要な栄養が不足していれば、発毛ではなく薄毛や抜け毛の可能性が高まるでしょう。

 

さらに、毛乳頭細胞は退行期や休止期などヘアサイクルの調整まで行います。

 

そして、退行期になると毛母細胞は毛乳頭細胞から離れ始め、AGAによりこのヘアサイクルに乱れが生じると、毛乳頭細胞から栄養や指示が十分に送られません。そのため、毛母細胞の働きは停止してしまいます。

 

ちなみに、毛乳頭細胞で作られるFGF-7は毛母細胞を増殖させて働きを活性化させますが、栄養不足などの影響でこのFGF-7が減少する場合も薄毛や抜け毛の原因に繋がります。

 

このように、毛母細胞を活性化させるためには毛乳頭細胞の働きを正常に保つことが重要といえるでしょう。

 

毛乳頭細胞の働きを正常に保つには、

 

  • 健康的な食事
  • 良質な睡眠
  • 頭皮マッサージ
  • スカルプケア

 

などの対策が必要です。

 

つまり、必要な栄養を毛乳頭細胞まで届けるためには、血行を促進させることが重要。そのため、健康的な食事に改善しただけでは対策も十分とはいえません。

 

毛乳頭細胞の働きが安定することで毛母細胞も活性化され、正常なヘアサイクルで健康的な髪の毛を作り出すことに繋がるでしょう。

 

 

 

さいごに|毛母細胞を活性化させて発毛させよう!

さいごに|毛母細胞を活性化させて発毛させよう!

 

毛母細胞は、新しい髪の毛を作り出すために細胞分裂を繰り返し、正常に働くためには毛乳頭細胞の役割が大きく影響します。

 

毛乳頭細胞の働きが不安定になるとヘアサイクルも乱れ、毛母細胞が正常に活動しない時期が増えてしまいます。その結果、新しい髪の毛が作られず薄毛や抜け毛の原因に繋がります。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 毛母細胞とは、髪の毛だけに限らず全身の体毛を作り出すために必要な細胞のこと
  • 毛母細胞が、毛乳頭細胞を包み込むようにして毛球が作られている
  • 退行期に入ると毛母細胞は毛乳頭細胞から離れ、休止期を迎える
  • 毛母細胞の役割は「メラニン色素によって髪色を整える」「髪の毛の健康維持」
  • 毛乳頭細胞で作られるFGF-7は毛母細胞を増殖させて働きを活性化させる
  • 毛乳頭細胞の働きを正常に保つには「規則正しい生活習慣」「頭皮マッサージ」「スカルプケア」が効果的

 

本記事が、毛母細胞と発毛の関係性について知りたい方の参考になれば幸いです。

 

 

愛知県名古屋市の発毛育毛なら格安サロンのゼウス発毛のTOPへ戻る

 

 

店名 ゼウス発毛
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル(ヘッドミント内)
電話番号 052-755-0955
営業時間 11時~23時(最終受付は22時)
定休日 年中無休
メニュー

初回発毛体験 500円

育毛コース 98,000円以下 (3か月/6回/ホームケア付き)

発毛コース 198,000円以下(3か月/7回/ホームケア付き)

症例

施術の流れ

 

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる