ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

発毛と育毛・増毛とは?違いや効果的な対策など詳しく解説!

発毛と似た言葉に育毛や増毛などがありますが、この3つは似ているようで内容や対策方法が異なります。しかし、これらをすべて同じ意味に捉えていて、同じ対策をしていた方もいることでしょう。

 

本記事では、発毛や育毛・増毛の違いをテーマに解説しています。それぞれの効果的な対策についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

発毛と育毛・増毛とは?それぞれの違いについて解説!

発毛と育毛・増毛とは?それぞれの違いについて解説!

 

発毛と育毛、増毛は、それぞれに意味が異なります。ここでは、それぞれの違いについて、詳しく解説していきます。

 

 

発毛とは?

発毛とは、毛髪を生やしたり生えたりすることです。

 

一般的には、髪が抜けてしまった頭皮に新しく毛髪を生やす、生えていない箇所の毛髪を増やすことが発毛の意味として捉えられています。

 

毛髪を太くしたり、毛根を強くしたりすることとは意味が異なりますので、間違えないように注意しましょう。

 

 

育毛とは?

育毛とは、毛髪の成長を助けることです。

 

毛髪が生えていない状態にアプローチする発毛に対して、育毛はすでに生えている毛髪に対してアプローチします。

 

生えている毛髪に栄養を与えて、太く長く抜けにくい毛髪に育てることや、頭皮の健康を維持し、将来起こるかもしれない薄毛や抜け毛を予防することに繋がります。

 

 

増毛とは?

増毛とは、毛髪を増やすことを意味します。

 

これだけだと、発毛も育毛も増毛の意味に含まれます。

 

しかし一般的には、毛髪に人工毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートを使って地肌に貼りつけたりする方法で髪のボリュームを増やすことを意味します。

 

発毛や育毛とは、捉えられている意味が異なりますので十分注意しましょう。

 

 

 

発毛と育毛の効果的な3つの対策とは?

発毛と育毛の効果的な3つの対策とは?

 

発毛や育毛とは違い、増毛は人工的に髪を増やす手段のため、基本的に対策の必要はありません。

 

発毛対策には発毛剤、育毛には育毛剤を使用することが効果的な対策ですが、なかにはどちらにも効果がある対策も存在します。

 

  • 入浴×睡眠
  • 適度な運動
  • 発毛剤と育毛剤の活用

 

その対策とは上記の3つです。それでは、それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

 

入浴×睡眠

髪や頭皮が栄養不足に陥ると、抜け毛が増えたり毛髪の育ちが悪くなったりします。

 

栄養が血液によって体の隅々まで運ばれると、代謝が活性化されて発毛や育毛に一定の効果がみられます。

 

例えば、シャワーで済ますのではなく、しっかり湯船に使って入浴すると、体の芯まで温まり血行がよくなるため、血液循環もよくなり頭皮にある毛髪を育てる毛母細胞にたくさんの栄養が届きます。

 

また、しっかり入浴して汗をかくことで、頭皮のターンオーバーも促進されるでしょう。

 

ターンオーバーとは、古くなった皮膚は剥がれ落ち、新しい皮膚が生成される新陳代謝のことです。

 

生物学におけるターンオーバー(metabolic turnover)もしくは代謝回転とは、生物を構成している細胞や組織 (生物学)が生体分子を合成し、一方で分解していくことで、新旧の分子が入れ替わりつつバランスを保つ動的平衡状態のこと。
引用:Wikipedia

 

入浴して汗をかくことで、頭皮の毛穴に詰まっている毛穴の汚れや不要な皮脂を押し出してくれるため、抜け毛を防いでくれますし新しい毛髪が生えやすくなります。

 

また、しっかり睡眠を取ることも、発毛や育毛によい効果を与えてくれるでしょう。

 

なぜなら、睡眠中に毛髪を育て、新しく毛髪を作る成長ホルモンが内分泌器官から分泌されるためです。

 

特に成長ホルモンが一番分泌されるタイミングは、深い眠りに入ったノンレム睡眠のときのため、毎日十分な睡眠を取ることが対策に繋がるでしょう。

 

 

適度な運動

適度な運動も、発毛や育毛によい効果を与えてくれます。

 

前述しましたが、血流を促進させると発毛や育毛に一定の効果をもたらします。

 

そもそも毛髪は、頭皮にある毛母細胞が細胞分裂し、角化することで成長していきます。

 

毛髪の主成分は、18種類のアミノ酸で構成される「ケラチン」というタンパク質ですが、血液から送られてくる栄養が多いほど生成される量も増加するといわれています。

 

また、適度に運動することで日々溜まっているストレスが発散でき、自律神経のバランスが整い、身体機能のコンディションが高まりますのでおすすめの方法といえるでしょう。

 

 

発毛剤と育毛剤の活用

入浴と睡眠、運動は発毛や育毛のどちらにも効果がある対策といえます。

 

これらの対策に加えて、発毛剤や育毛剤を使用することもおすすめします。

 

発毛と育毛の違いについては前述しましたが、毛髪を生やして太く育てることで薄毛対策に繋がるでしょう。

 

ちなみに、発毛剤を活用しても育毛効果はありません。

 

一方で、抜け落ちて薄毛になった頭皮に育毛剤しても新しく毛髪を手に入れることはできません。自分の目的に合った方法を実践するようにしましょう。

 

 

 

さいごに|発毛と育毛の違いを理解して薄毛対策に取り組もう!

さいごに|発毛と育毛の違いを理解して薄毛対策に取り組もう!

 

発毛と育毛の違いについては理解できたことでしょう。同じ意味で捉えていると、効果的な対策はできません。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • 発毛とは毛髪を生やしたり生えたりすること
  • 育毛とは毛髪の成長を助けること
  • 増毛とは毛髪を増やすこと
  • 発毛や育毛には「入浴×睡眠」「適度な運動」が効果的
  • 発毛剤と育毛剤を活用すればさらに効果的
  • 発毛と育毛の違いを理解して薄毛対策に取り組むことが大切

 

本記事で紹介した発毛と育毛の違いを理解して、ぜひ薄毛対策に取り組んでください。

 

 

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる