ゼウス発毛|名古屋の育毛発毛サロン、クリニックに行く前に

発毛の悩みが解決!フィナステリドの効果と副作用について解説!

現在、AGA(男性型脱毛症)治療薬としてさまざまな国で使われているフィナステリド。

 

そんなフィナステリドで気になるのは、発毛効果と副作用でしょう。

 

本記事では、フィナステリドの発毛効果や副作用について、詳しく解説しています。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

 

発毛の悩みを解決したいならフィナステリド!その効果とは?

 

 

まずは、フィナステリドについて、詳しくみていきましょう。

 

 

フィナステリドとは?

フィナステリドは、アメリカで作られた抗アンドロゲン薬です。

 

そもそも、アンドロゲンとは、生体内で働いているステロイドホルモン(男性ホルモン)の1つ。そのアンドロゲンの人体における働きを抑制させる薬が抗アンドロゲン剤です。

 

フィナステリドは、最初から薄毛の治療薬として作られたわけではありません。

 

もともとは、前立腺肥大の治療薬(商品名はプロスカー)として作られた成分です。そのため、前立腺の治療に使われることもあります。

 

その後、研究によって薄毛に発毛を促す効果が判明。現在では、低用量であれば薄毛・抜け毛の治療薬としての使用をFDA(アメリカ医薬品管理局)が許可しています。

 

また、日本でも、2005年10月に厚生労働省がAGAを含む薄毛の治療薬として承認しています。

 

ちなみに、フィナステリドを成分として含む薄毛の治療薬の1つにプロペシアがあります。

コラム:プロペシアの発毛効果は?副作用とジェネリックの活用性も解説

 

しかし、このプロペシアの特許権存続期間が2015年に満了したことで、現在、フィナステリドを使用したジェネリック医薬品が続々と登場しています。

 

 

効果と副作用は?

薄毛になる原因は、髪の成長期が男性ホルモンによって短縮されるため。フィナステリドには、髪の成長期を短縮させてしまう男性ホルモンを抑制させる効果があるため、薄毛の進行を防ぎます

 

また、男性ホルモンが抑制されたことで、ヘアサイクルが正常に戻り、髪が太く長く成長するため、薄毛部分が改善します。

 

ただし、発毛に効果的な反面、副作用にも注意しなければなりません。もともと、抗アンドロゲン薬には、下記のような副作用が報告されています。

 

  • 骨粗鬆症
  • 肝機能障害乳房の圧痛
  • 乳房肥大
  • 女性化
  • ほてり
  • 不妊症

 

また、男性ホルモンを抑制するため、性欲減退や勃起機能障害(ED)などの男性機能が低下する報告も確認されています。

 

フィナステリドは、上記のような副作用が報告されており、AGA-newsが公開している「フィナステリド錠の適正使用について」によりますと、国内で実施された1年間の臨床試験で、4.0%(276例中11例)の副作用の事例が報告されています。

 

 

 

発毛に効果的!フィナステリドとミノキシジルとの違いは?

 

発毛効果の高い成分にミノキシジルがありますが、その違いは、発毛へのアプローチの仕方です。概要を、下表にまとめます。

 

成分 特徴
フィナステリド DHTを阻害しヘアサイクルが正常な状態へと戻す(農薬な役割)
ミノキシジル 血行促進と毛母細胞の活性化によって発毛を促進させる(肥料的な役割)

 

フィナステリドは、男性ホルモンを抑制することで薄毛・抜け毛を防ぎ、ヘアサイクルを正常な状態に戻して髪の毛を太く長く成長させます。一方で、ミノキシジルは、血行促進と毛母細胞の活性化によって発毛を促します。

コラム:ミノキシジルの発毛効果とは?副作用と注意点についても解説!

 

血行が促進されると、発毛や育毛に必要な栄養の量が増加するだけでなく、毛髪の土台である頭皮環境もよくなるため抜け毛予防にも繋がります。

 

そもそも、毛母細胞とは、毛乳頭の周辺に存在する細胞のこと。毛髪は毛乳頭から栄養補給を受けた毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、新しい細胞によって押し上げられることで成長します。

 

そして、ミノキシジルには、その毛母細胞の細胞分裂を活発にする効果があり、ミノキシジルが毛母細胞の細胞分裂を活発化させることで発毛が促されます。

 

どちらも発毛効果が高い反面、副作用が懸念されますが、発毛へのアプローチの方法が異なるため併用可能。そして何より、併用することで発毛効果を高めることができます。

 

 

 

さいごに|フィナステリドで発毛の悩みを解決しよう!

 

副作用は懸念されますが、フィナステリドは発毛効果が期待できる成分です。日本でも薄毛・抜け毛の治療薬として使用することが認められており、ジェネリック医薬品も登場しています。

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

  • フィナステリドは、アメリカで作られた抗アンドロゲン薬
  • フィナステリドには、髪の成長期を短縮させる効果がある
  • 「骨粗鬆症」「肝機能障害乳房の圧痛」「乳房肥大」などの副作用
  • フィナステリドとミノキシジルとの違いは発毛へのアプローチ方法
  • フィナステリドとミノキシジルは併用可能

 

ぜひ、フィナステリドで発毛の悩みを解決してください。

 

The following two tabs change content below.
「ゼウス発毛」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」「株式会社じむや」4社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。 その後、スクール事業やFC事業を展開し、発毛サロン「ゼウス発毛」を立ち上げる